三井物産フォレスト株式会社
オフセット・クレジット(J-VER)
カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、できるだけ排出量を減らす努力を行った上で、どうしても排出されてしまう温室効果ガスの全部または一部を別の場所でオフセットする(埋め合わせする)という考え方です。
社有林では北海道及び三重県に所在する一部の山林を対象に、環境省が推進するカーボン・オフセット(J-VER)制度の認証を受けています。
当社は、森林整備を通じて、二酸化炭素の吸収源としての森林を積極的に活用していきます。
※オフセット・クレジット(J-VER)認証・発行状況についてはこちら
「三井物産の森」北海道 間伐促進吸収プロジェクト
当社がプロジェクト代表事業者として、北海道に所在する社有林、沙流山林(平取町)及び初山別山林(初山別村)の山林経営において、適切な森林管理を行う一環で間伐を促進し、Co2吸収量の増大を図ります。 沙流山林におきましては、保有後長い年月が経過し、林業を通じて森林の整備、木材の生産を行ってきました。
※北海道プロジェクトのご紹介についてはこちら。
「三井物産の森」三重県 間伐促進吸収プロジェクト
当社がプロジェクト代表事業者として、三重県に所在する社有林,三戸山林(紀北町)の山林経営において、適切な森林管理を行う一環で間伐を促進し、Co2吸収量の増大を図ります。
三戸山林は三重県の「尾鷲ヒノキ」の産地として有名な尾鷲地区にあり、昭和12年から三井物産㈱は山林経営を行っています。
※三重プロジェクトのご紹介についてはこちら。
その他
・クレジット保有残高状況についてはこちらへ。
・ご購入お問合せはこちらへ。
森林由来J-VER(カーボン・オフセット) イメージ図
イメージ図
サイトマップリンクセキュリティーポリシーお問合せ
PageTop