三井物産フォレスト株式会社
第二事業部 帯広山林事務所
北海道・道東に所在する十勝管内と釧路、北見の社有林管理を担っている、帯広山林事務所です。
現在、7名の事務所員と7名の現業作業員、合せて14名で約5,200haの山林を管理しております。
ここ十勝は、道内でも夏に30℃を超える日が最も多く、冬は凍(しば)れて朝晩氷点下になる日々が半年近く続きますが、カラマツ人工林を主体として循環型の森林施業を行いつつ、天然生林への誘導や水源林整備事業など、様々な施業に取り組んでおります。
中でも、2011年に石井林業より引き継ぎました石井山林は、先代カラマツという樹齢90年近い立木が70本ほどあり、大径木となった有用広葉樹も山林内に点在している森林資源が豊かな山林であり、天然生林への誘導を試みる作業も行っております。
前の事務所
次の事務所
サイトマップリンクセキュリティーポリシーお問合せ
PageTop