三井物産フォレスト株式会社
 

niwan01.JPG

代表取締役社長   山川 亮
当社ホームページをご訪問戴き、ありがとうございます。
7月1日に、代表取締役社長に就任致しました山川亮(やまかわ りょう)でございます。
就任にあたり、一言ご挨拶申し上げます。

当社は、三井物産株式会社の100%子会社で、北海道から九州まで日本全国74箇所にある、
合計約4万4千haと広大な面積に及ぶ三井物産株式会社の社有林である「三井物産の森」を
保育、管理する会社です。

当社の経営方針は次の通りです。
・社有林「三井物産の森」の適切な保育、管理を通じてその公益的機能を最大限発揮させ、
 その資産価値を維持拡大するとともに、三井物産グループの企業価値の向上に努める
・植栽から保育、山林育成、良質な木材生産までの、林業のバリューチェーン全体に亘る
 知見の蓄積を通じて、日本の山林再生を担う林業のプロ集団として、効率的な森林経営を
 追求する
・森林活用を通じた三井物産CSR活動の担い手として、地球規模での新しい森林活用の研究
 に関する情報収集・知識の蓄積を図り、生物多様性、生態系保全、木質バイオマスの研究
 など、具体的活用の進化、多様化を目指す環境・自然保護のプロ集団たることを目指す

2009年に林野庁が発表した「森林・林業再生プラン」においてコンクリートから木の社会
への転換が提唱されるとともに「公共建築物等の木造建築促進法」、「再生エネルギー固定
価格買取制度」、「木材利用ポイント制度」等の様々な施策がなされ、日本の林業を取り巻
く環境は、刻々と変化してきております。2014年に閣議決定されたいわゆる「骨太の方針」
にも農林水産業は重点的対応分野であると明記され、また、地域創生の役割をも担うとされ
ています。これらの国家的な課題及び情勢の変化に対応し、透明性のある経営で、これから
も上記経営方針を着実に実行し、大切な地球とそこに住む人々の夢溢れる未来作りに貢献す
ることを目指して参ります。
今後とも、皆様の温かいご理解とご支援、並びにご協力をお願い申し上げます。

就任して間もなく、未だ数箇所の山林しか見ておりませんが、全国74箇所の様々な個性を持
つ山林と出会うことをとても楽しみにしております。    
2015年7月吉日
sain1.png
サイトマップリンクセキュリティーポリシーお問合せ
PageTop