活動実績

2020.01.24

出前授業(2020年1月24日)

2020年1月24日(金)小樽市立望洋台中学校にて「森の恵みと林業」をテーマに出前授業を開催。中学1年から3年生までの全校生徒138名と教員12名の総勢150名による熱気があふれる授業となりました。

林業で安全に作業を行うには、まずは装備が大切。特殊なヘルメットの説明ではみんな興味深々でした。

授業の最後にスタッフから、仕事での失敗をどのように克服してきたかなど、それぞれの座右の銘を披露。同じ中学生の子供がいるスタッフからは「感謝」の気持ちを忘れないようにとお伝えしました。

生徒の感想文には「日本の木製品をたくさん使いたい」、「これからは森林認証マークを確認して買い物をするようにしたい」、「感謝の気持ちを忘れずに日々意識しよう」など、森林や環境に向けた新たな気持ちが伝わってきました。

お問い合わせ